まずは情報収集からはじめよう

あなたが所有しているマンションを売りたいと思ったら、マンション売却のための情報を集めることから始めましょう。マンションの売却も購入時と同じように、売却に関するさまざまな情報をしっかり整理し、信頼できる業者を味方につけることが早期・高値売却のコツです。またスムーズな売買取引のために、売主側がするべき準備や努力などもあるので、こちらの情報も合わせて確認しておいた方が良いでしょう。

ご自分の資産であるマンションを少しでも良い条件で売りたいのであれば、売却活動の手順などをしっかりと把握し、適切な準備を行うことは必須です。売却計画を立てずにマンション売却を急ぐと、好条件で売却できないどころか、買手が現れずに売れ残ってしまったり、業者等に買い叩かれてしまうこともあります。大きな金額が動くマンション売却ですから、綿密な計画としっかりとした準備を行い、万全の姿勢で臨みましょう。

お部屋の印象が売却成功のカギ

売却計画を立て、実際に売却するための準備が全て整ったら、お部屋の印象アップに努めましょう。住み替えの為の引越しなどを終え、既に空き家になっているのであれば、お部屋全体のハウスクリーニングやリフォーム等でご自分の生活していた形跡を消してしまうのも手です。購入希望者によっては、物件を自分好みの住まいにリフォームを希望している可能性があるので、リフォームを行う場合は修繕が必要な箇所や痛みが気になる箇所だけにとどめ、最低限の範囲に留めておいた方が無難です。

住み続けている状態で査定や物件見学を受けるのであれば、出来るだけ素敵な住まいに見えるように整理整頓を心がけ、お部屋の印象が良くなるような工夫を行うようにしましょう。丁寧に住まわれていた印象を与えたり、部屋に入った瞬間の印象が良ければ、購入希望者もこの物件での暮らしに興味が湧きます。場合によっては売値に良い影響を与えることもあるので、毎日の清掃や住宅の手入れなどの地道な努力は意外と大切です。

意外に気が回らないことですが、家と一緒に売主の印象でも売却の決め手となることも多いようです。物件見学者は購入を前向きに考えている人でもありますから、快適な住まいであることをこれ見よがしにアピールするより、自然体で接した方が印象が良い場合もあります。購入希望者がこの物件での暮らしに興味を持ったら、居住者目線での情報や特徴などを適切に回答できるようにしましょう。売主であるあなたが「この人なら売りたい」と思える相手は、同様に「この売主から買いたい」と思ってくれる可能性は非常に高いものです。
お部屋の印象と同様に、住んでいる方の印象次第で購入を具体的に検討してくれるようになりますから、自分が購入希望者だったら知りたいと思われる情報を事前にまとめておくのも相手の印象アップに繋がります。